【疑問】なかとみのかまたり←この「の」どこ行った?

  • by
Pocket

どうも、源氏物語に出てこないE村です。

このあいだ平安時代の書物を読みあさってるときにふと思ったのですが(←これ嘘です)

昔の人名ってすぐに「これ昔の人だ」ってわかりますよね。

それは知識として知ってるというのもあるんでしょうけど、何か響きというか、雰囲気が古風というか….

例えば「坂本龍馬」は比較的新しめの人物だと思うんですが、いまの日本にいてもおかしくない名前のように感じます。

それに対して「藤原道長」とか「豊臣秀吉」くらいまで遡ると、もう流石にこんな名前つけないんじゃないのと感じます。

一体これはなんでだろうと思って自分なりに考えると、二つの要素が思い浮かびました。

一つ目は、「苗字が古い」ことです。

「豊臣」とか「足利」とかはまだ残ってるんですかね?

少なくとも近年ではそうそうお目にかかれないと思います。

でも「藤原」は逆に結構目にする機会が多い苗字です。

ではこれは何でかというと、それが二つ目

「苗字の後に『の』が入る」という要素だと思います。

「藤原道長」や「中臣鎌足」はどちらも「ふじわらのみちなが」「なかとみのかまたり」と苗字の後に『の』がついていることがわかります。

これはもう近年では見ることがないというか、あり得ない現象ですよね。

そこで私は思いました。

この『の』っていつ消えたの?

もし現代までこのシステムが続いていたとしたら

「安倍晋三」は「あべのしんぞう」となり、RPGのアイテムみたいになってしまいます。

「おのののか」に至っては「おののののか」となり、どこで切ったらいいかわからない金太郎アメ感があります。

ということで今回は、日本人が一体いつこの『の』を手放したのか調べてみようと思います。

予想

歴史上の人物を振り返ってみると、例外的に『の』を入れることもある「豊臣秀吉」を除いて、江戸幕府を開いた「徳川家康」、安土桃山時代の「織田信長」には苗字の後に『の』はついていません。

室町時代まで遡っても、「足利義光」や「足利尊氏」は『の』を入れて読むことはありません。

そして鎌倉時代の人物を考えると

初期の「源頼朝」は「みなもとのよりとも」と読みますが、中後期に権力を握っていた北条氏は「北条時宗(ほうじょうときむね)のように『の』は入っていません。

おそらくターニングポイントはここですね。(眼鏡カチャッ、レンズキラーン)

それ以前の平家の面々も「平清盛(たいらのきよもり)」のようにシステム通りなので、源家が北条氏に権力を奪われる過程で『の』が逃げ出した、もしくは奪われたと考えるのが普通でしょう。

結果

調べてみるとどうやら苗字という認識から違っていたようです。(悲報)

源氏や平氏、藤原などは、天皇から与えられた「氏(うじ)」という公式なもので、『の』がつかないものは自分が支配していた領地や地名から取ったもの、そしてそれが苗字なのだそうです。

先ほど例外として挙げた『の』をつけて読むこともある「豊臣秀吉」の「豊臣」は天皇から与えられた「氏」だったわけです。

ですが、『の』のつかない徳川家康も源氏の流れを汲んでいるため、正式な名前は「源朝臣(みなもとのあそん)徳川家康」であるように多くの人々は「氏」を持っているといいます。

ではなぜ、「氏」は使用されなくなり、苗字が普及したのでしょうか。

その理由としてこれらの事が考えられます。

  • 同じ名前の苗字が多すぎた
  • 武士の力が強くなって天皇との主従関係が薄れた

まぁ確かに源平の頃なんて「源さーん」って呼んだら一斉に「はい!」って聞こえそうですもんね。(こ、鼓膜が….!)

それに南北朝時代には天皇が2人いることもありましたから、その権力も衰えていたのかもしれません。

ってなわけで「俺はこの苗字を名乗るぜ」っていう武士が増えて現在に至ると、まぁそんな感じですね。

まとめ

今回は苗字の後に『の』がつかなくなったのはいつかを調べてきましたが、盛大な勘違いということで幕を閉じました。

まぁ、また一つ疑問が解消できたのでよしとしましょう。(何様?

でも苗字ができたことでいろんなバリエーションができましたからね。

僕も100パーセント農民出の苗字ですけど気に入っています。

本音を言ったら四楓院とかが良かったけどね、バンホーテンとかでもいい。(バンホーテン?)

ということでここまでEの村がお送りしました、バイバーイ!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA